NEWS

News

フリップデスク社が提供する CX最適化ソリューション「Data Union」の コンサルティング業務を開始

企業のデータマーケティング支援やカスタマージャーニー分析AI「CASTORY」を開発・提供する株式会社シンカー(本社:東京都千代田区、代表取締役:藤原瑛二)は、株式会社フリップデスク(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐々木忍)と協業し、同社が提供するCX最適化ソリューション「Data Union」を活用したデータ基盤構築・分析・AIモデル構築・施策実行のコンサルティング業務を開始しました。

Data Unionについて

フリップデスク社が提供する「Flipdesk(WEB接客ツール)」、「Cross Talk(チャットボット)」を通じて取得したサイト内の行動データや対話ログに加え、クライアントが保有する様々なデータ(会員情報、商品マスター、購買データ、販促カレンダー、広告配信ツールが保有するデータ、各種CRMツールが保有するデータ)を一か所に集約することができます。それらを統合し分析することで個客理解を深め、サイト内外のあらゆるタッチポイントで個客に寄り添ったコミュニケーションを取ることが可能となります。集客からCRMまでのマーケティング領域を、一つ一つの施策の改善に留まることなく一気通貫して行い、LTVを引き上げるための施策実行を支援します。

株式会社フリップデスクについて

株式会社フリップデスクは、「Flipdesk(WEB接客ツール)」、「Cross Talk(チャットボット)」、「Data Union(CDP)」の3つのプロダクトと統合的なコンサルティングを通じて、CX(顧客体験)の向上を実現します。1,500を超えるサイトの売上アップを実現したノウハウと、WEB制作・広告・SEO・CRM構築など経験豊富なメンバーを社内に擁することで、企業規模や取扱商材に関わらず、収益性の高いマーケティング活動を支援しています。

株式会社シンカーについて

株式会社シンカーは「ひととデジタルの関係性を最適化する」をミッションに、データ分析によるマーケティング活動の最適化と顧客体験の改善を目的として2017年7月に設立されました。業種・業態を問わず、様々な企業でのDX支援の実績を有しており、CDP/DMP/BI等のデータ分析環境の構築から広告/MA等の各種施策との連携・運用まで、幅広くデータマーケティングを支援しています。また、近年ではコンサルティングナレッジを集積した独自AI開発に注力しており、顧客ごとに将来のLTVを予測するAIや初回購入時点でロイヤル見込み顧客を予測するAIの導入・活用支援を進めています。



■会社概要
会社名:株式会社シンカー
代表者:代表取締役 藤原 瑛二
設 立:2017年7月6日
所在地:東京都千代田区麹町三丁目5番8号 麹町センタービル7階
事業内容:データマーケティング事業、A Iソリューション事業


URL:https://thinker-inc.jp